スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E姐さん

前回の記事イライラFちゃんとのコミュニケーションの件で思ったこと

アニマルコミュニケーション初心者は 本人(動物)と対峙している時より 自分側の準備(瞑想状態)が自分のペースで充分にできる遠隔の方が成功しやすいのかな???

もちろん 心身良い状態で騎乗したりしてる時の方がより良いとは思うのですが 毎回異なるクラブの馬を借りてる分には 難しいのかもしれない。

そんな時 ベテラン牝馬のE姐さんに当たりました。

レッスン中動かなくなる事暫し。難しい馬なのでした。

以前一度だけ乗った際は まぐれで先生も他の会員さんも驚くほど普通に動いてくれました。
だから とっても楽しみでした。

「宜しくお願いします!」と 声に出さずに伝えた途端
何か一瞬回線が繋がった感覚。

E姐さんはサラブレッドには珍しく白目が多い馬なので表情が読み取りやすいのです。
こちらが言った途端 びっくりした顔で覗き込むような目をしてました。

こういう強い意思はダイレクトの方が伝わりやすいのかな?

さて 肝心のレッスンですが 散々でした。

伝わった?わりには 全然動いてくれません。

脚の位置を馬体にフィットするように心がけてはいるのですが
なかなかベスト・ポジションになりません。

しかしようやくここだ!と直したら 途端に格段に動いてくれるように…

E姐さんは変に頑固だったり、やる気が無いってわけじゃなくて
「私が乗馬のなんたるか教えてやる」ってポリシーなのかしらん?
スポンサーサイト

イライラFちゃん

アニマルコミュニケーションの練習
すっかり怠けてます。でも馬には乗ってます…
4月以降仕事の時間がずれて余裕が無かったのでした。

久々に前日乗った馬にコンタクトしてみました。

牝馬のFちゃん

元々こちらの気持ちがダイレクトに伝わっているとしか思えない行動を取る子でした。

人間、思ったら自然と体のバランスが崩れて、それを馬が感じ取って行動してくれるのだそうです。

しかし それにしては?!と思うことが数回ありました。

そういう事を言うと 会員同士でも先生にも全否定され 勘違い野郎と危険視されるので言えません。

でも そういう事があった回の後に馬の手入れをしていると、いつも以上にリラックスして無防備になるのです。

そんなFちゃんでしたが、数ヶ月前に脚を大きく痛めてから 気性が大きく変わってしまいました。

いつもイライラしてます。馬房で暴れて怪我をしたこともありました。

乗らなくても 馬房ににんじんをあげに行ったりする事はよくありますが、
それすら 不快そうでした。

食べるものは食べるけど もう無くなったんだったらさっさと帰ってよね て感じです。 

だから 乗っていても以前のように心のコンタクトが取れない感じがありました。

せっかく久しぶりに乗っても イライラ

しかも レッスン中のちょっとした休憩の時 私の左足に噛み付くようなそぶりを見せました。

そんなことをする驚きと そこまで嫌われたショック…

しかし レッスン後に馬の装備を解除する際 その原因が分かりました。

鞍を固定するベルト(腹帯)を レッスン中に締めなおすのですが、
その際に鞍の下に敷いている布(ゼッケン)が 左だけ変な風に巻き込まれていたのです。
それがちょうど 私の左足の下だったのです。

鞍がずれると背中を痛めるので 騎乗してからも1回、暫く動いてから1回ベルトを締めなおします。
馬の上からなので 腹の下の布の様子までは見えなかったのでした。

気づかなくてごめんね。
という気持ちを伝えたつもりなのにその後のお手入れ中もずっと不機嫌でした。

翌日 コミュニケーションの手法で話しかけてみました。

久々なのでうまくできた感触は無かったのですが 後日馬房に行くと
今までの不機嫌な態度が無くなってました。

通じたかな?
07 | 2012/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

えんきど

Author:えんきど
動物について感じた事を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。