スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練習失敗

馬とのアニマル・コミュニケーション

遠隔で夜話しかけるパターンを練習してみます。

でも先生に教わったような実感がありません。

その頃は昼間頻繁にレッスンに通っていたので 直接的なコミュニケーション優先で
遠隔だと気持ちが入り込めないのかな?

先生のところへ習いに行った時の感触と違うので 
感じた事が当たっているかどうか断定できる質問をしてみました。

各馬には担当の指導員が付いているのですが 馬自身に「担当はどの先生?」と聞いてみました。

いまいちピンと来ません。

女性の指導員らしいことはわかりましたが 翌日確かめると私が思った人とは違いました。

しかし 一方で 馬と接している時は ちょっとしたしぐさ等で馬の気持ちを察しやすくなった気がしています。

某ベテランの人気馬は 驚きやすいのが難で
そんな時はぱっと跳ねて人を落っことしがちだったらしいのです。

ある時 前の馬が後足で蹴り上げた瞬間 私が乗ったその牝馬もびくっと身体を震わせました。
瞬間 私が心で「大丈夫だから!」と言うと途端ぴたりと停止しました。

厩舎の手前で心で名前を呼ぶと 餌を食べるのに夢中になっている時でも
「え?!」って感じで頭を上げました。

次の言葉を待っているようでしたが 声に出して名前を呼んだ途端無視されて食べ続けていました。

一度心の声で会話できたら ちょっとした信頼関係というのか 絆ができるようで
馬装や乗った後の手入れもスムーズになりました。

元々牝馬は身体に触られるのが嫌いな馬が多く その牝馬には苦労している会員さんが多いとは後で知りました。

また別の時には 乗用馬に成り立ての馬に乗りました。。

なんとなく私の合図を 普段調教レッスンを担当してる人の合図に置き換えて
「あ・あのパターンだ 一生懸命やらなきゃ」と気持ちが伝わってきました。

ちゃんと動いてるけど それは他人の調教をなぞっているだけ。
全然乗り手に向かってませんでした。

別の新米君は 勝手がよく判らずに自分のペースで動きたくてしょうがない
結果 ペースを落とすようにとの指示が気に入らなかったり 自分勝手な動きをして怒られたりするようで
よくイジケてました。

多分彼なりに一生懸命やってるんだけど ついつい早く走りたくなっちゃう。

自分でももう一人前なのだ という大人の仲間入りをした自覚はあるので強がっているものの
そのくせ 自分が全否定されてるようで心の居場所が無いようでした。

顔が痒いのをこすり付けるかのような動きを執拗にしてくるので
そのままホールドすると そのままじーーーーーっとしてます。

僕は悪くないのに・・と言って泣いてるようでした。

君は悪くないよ よしよし

暫くすると 最後は決まって ふん そんな甘えん坊ではないのだっ

と 頭をはじいてくるのですが その後は切り替えできたようで
とても子供っぽいしぐさで快活になります。

で、ふと後を振り返ると 大人のベテラン馬がやれやれとホッとしていたりするのでした。

そういう後は 普段は やれやれ だりー って感じでぼーっとしてるのに
目を覗き込まれたり やたら他の馬とも目線が合います。

そんな馬とのやりとりは 乗ってる時とは違った充足感があります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

えんきど

Author:えんきど
動物について感じた事を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。