スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママになる馬

最近 乗馬の練習の方でぐったりなので アニマルコミュニケーン練習の方はおろそか・・・

その日 直接馬と触れ合って 表情と態度で気持ちは判るものの

もっと具体的に質問したいのよ!と思っても 上手く行かない。

気がつくと寝ちゃう・・・

そんな中ちょっと気になる馬が・・・


今度乗用馬から繁殖牝馬として北海道へ行く女の子が居ました。

とっても珍しいケースです。

皆に注目されてるせいか 本人まんざらでもない感じです。

乗ったことは一度も無かったのだけど よく目が合います。

それがクラブとお別れ前にとうとう乗れる機会があったのですが

全然乗りこなせないどころか 傍目に見てたらいじめてるみたいになっちゃいました。

私の苦手な 命令しなくても前へ前へ動いていこうとするタイプで 上手く制御できず

常に強引なブレーキばかりかけてました。

馬が動きたいのにうまく動かせず 手綱でケンカ状態になった場合
大抵「オマエなんか嫌いだ~」と馬に怒られて終わりになるのですが 
彼女はレッスンが終わった後は 割りと普通でした。

ところが 厩舎へ戻す時もちょっとした事をきっかけにばたついたので
危険ということで結局クラブの人へお任せする羽目になりました。

あんなに人懐っこい顔で 何かを語りかけてくれそうだったのに 嫌われちゃったかも・・・

そして翌々日 彼女の隣にいる別の馬に乗ることになったのですが 相変らず隣からなんか話したそうに目を合わせてきます・・・

その日自分が乗る方の馬は珍しくとても機嫌が悪く 顔で軽くどつかれたり蹴られそうになったりしてました。

その後に彼女のところへ行くと 「今のは酷いわよね~」と同情するように顔をくっつけて慰めてくれるような態度。

これはお話できるかも?と数日後の夜 遠隔で話しかけてみました。

「あなたは 北海道で赤ちゃんを産むんだよ。仔馬ってわかる?」

「多分あなたも北海道出身なんじゃないかな?寒い所だけどきっと素敵な環境だよ。覚えてる?」


彼女は運動と同じで高速でぺらぺら自分のイメージを画像で伝えてきました。
女子高生のおしゃべりみたいです。

積雪の上を歩く感触 雪に反射する陽 清らかな空気の清涼感、薄暗い中木製厩舎 湿度 お母さんらしき馬と一緒の安心感。そんな光景が伝わってきました。

もう知ってる!
どうやらとっても楽しみみたい。

私を通してそれが ホントなのか より確信したかった?
むしろ「聞いて聞いて~」って感じだったのかな?

私の妄想補完かな~?

大体 サラブレッドって 冬の終わりから春先に誕生するみたいだけど 何歳までお母さんと一緒なんだろう?
雪の上を遊ぶことなんてあるのかしら?

そんな風に考えていると サラブレッドの生産牧場の人の気持ちが子馬だった彼女に伝わっているのが何となく想像。

競争馬として生まれるなら 多分女の子より男の子の方が喜ばれる?

まずはがんばって競争馬として立派な成績を

でも牝馬なら そしてその後は 立派な競争馬を産むお母さんになることも

立派になって いつか帰っておいで・・・

それは漠然としたイメージだったけど あの土地に帰れるんだというのが馬も判ってるようでした。

彼女の思考は 人のそれより 前しか見てない。

常により前へ向かっていく意識。

触れて とても元気を貰いました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

えんきど

Author:えんきど
動物について感じた事を書いています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。